愛知県で葬儀費用を抑えて家族葬、一日葬や直葬を行うために

多くの人から選ばれている家族葬

葬儀における家族葬の割合は年々増えています。こちらでは、家族葬を選んでいる理由をピックアップしてみました。

費用が安く抑えられる

一般葬の葬儀費用は150万円以上かかることもありますが、家族葬の費用は、参列者の人数によって変わってきますが35万円くらいから100万円までで収まることが多いです。

一口に家族葬と言っても、同居していた家族だけで送るのであれば安く済みますし、近隣の方や生前親しく付き合っていた知人なども参列するのであればそれに合わせて費用は高額になってきます。

最近の傾向は、葬儀社が家族葬プランとしてパック料金をだしているのでそれを利用するのも費用を安く抑えるポイントになります。

参列者の人数を決めておくことができる

家族葬は、参列していただく方や人数などに決まりはありませんが、周囲の人に知らせないので、参列は家族だけ等あらかじめ人数を決めることができます。

家族葬が行える葬儀場・葬儀ホールはたくさんある

家族葬は、最近は自宅で行う方が多くなってきました。しかし、費用はかかりますが葬儀社の葬儀ホールを利用することが一般的です。最近は各葬儀社がホール利用料金をセットにした家族葬プランを用意してますので、それを利用される方も増えてきました。

家族葬はこんなご家族様に選ばれています

  • できるだけ費用を抑えたい
  • 家族だけで、故人との最期の時間をすごしたい
  • 故人と親しかった知人などのおもてなしをしっかりとしたい
  • 家族の中に高齢者がいるので、できるだけ負担を少なくしたい

愛知県の葬儀場・葬儀ホール

家族葬の流れ

家族葬はお亡くなりになられた大事なご家族を弔い、そしてお送りする儀式です。一般的な葬儀の流れをご紹介しますので参考にしていただれば幸いです。

1.ご臨終

病院や施設等でご家族やご親戚がお亡くなりになられた際は、葬儀社に連絡すると深夜・早朝であっても搬送車がお迎えにあがりご自宅もしくは安置所まで搬送します。この時どちらに安置するかをお決めいただきご指定してください。ご自宅に安置できない場合は通常葬儀社が安置場所を用意します。安置場所が決まりご遺体の搬送には「死亡診断書」の携行が必要となりますので必ず病院など医療機関よりお受け取りください。

2.ご遺体の安置

ご自宅に安置でしたら仏間か座敷に用意した布団に故人を寝かせ、ご遺体を北枕にてご安置します。お部屋の間取り等で北向きに寝かせられない際は西向きで寝かせてください。 枕飾りは葬儀社が用意設置します。

「枕飾り」とは

三具足である燭台・香炉・花瓶、それぞれローソク・線香・一輪花、りん、湯のみ、一膳飯、枕団子を枕元に置ける小さな台に用意します。

3.家族葬の打合せ

ここで喪家との葬儀内容の詳細を話合いの上打合せします。ご遺族は深い悲しみの中で心癒される間もないと思いますが、できれば葬儀社から詳細な見積りをだしてもらいしっかり説明を聞き納得の上お葬式を執り行っていきましょう。

4.納棺

通夜式の前にご遺族や親族の皆様とともに、故人さまの最後のお世話となる納棺の儀式「旅支度」を執り行います。

「旅支度」とは

故人さまが無事に来世へ旅立てるよう旅の支度として足袋、脚絆、手甲、天冠、頭陀袋、六文銭、白装束を身につけます。

5.お通夜

お通夜とは、告別式の前夜に灯明と線香の火を絶やさずに見守る儀式です。親族や生前親しかった人々が故人の冥福をお祈りしお別れをします。

6.告別式

元々は、葬儀式と告別式とし別々に分かれていたものが、今では葬儀と告別式をひとつとしてとらえた形式になってきました。

7.ご出棺

ご遺体との最後の対面となります。祭壇の飾り花や故人の愛用品などを棺の中に収めたりします。その後、火葬場へ向けて出棺となります。

8.火葬

火葬場についたら、喪主から関係が深い順に焼香を行い火葬となります。約1時間ほどで骨上げとなります。

「骨上げ」とは

骨上げとは、火葬を終えた後に箸で遺骨を拾い骨壺に納める儀式です。

以上が一般的な家族葬の流れとなります。風習など地域差がある場合もありますので詳しくは担当者にお尋ねください。

 

愛知の家族葬をフォローする
愛知県で葬儀費用を抑えてお葬式を格安で行うために
タイトルとURLをコピーしました